人は構えもなくなんとなく出会ったものにものすごく感銘受けたり大きな影響受けるような気がする。ワタシにとってはスナッチャー がそうだった。

当時はインターネットでリアルタイムに情報が得られる時代ではなかったのであとから昔にリリースされた雑誌や書籍、CDを買い漁ったり(もちろん市場にはすでに出回ってないものばかりだったのでゲーメストの通信欄やじゃまーるなどを駆使して個人から譲って貰っていた)

はたまたPC88版の当時からプレイしていた先輩方と文通したりもして過去の情報や知識を夢中になって教えてもらっていました。

ポリスノーツもそういう意味ではリアルタイムで遊べてはいたんだけど、手に入る事前情報としては少ない方だったのでプレイするまではまだ謎めいていたかも。

MGSから小島監督の露出も増えてきて遊ぶ前からさまざまな情報が配信されるようになり、それはそれで遠足の前の日の準備のようなワクワクした気持ちで発売日当日を迎えたものですが、

それを今になって自分の意思で原始の状態に戻す というのはなんとも感慨深いものがありますね。

これまではああ!進研ゼミでやったとこだ!という楽しみ方を長らくずっとしてきたわけですが、ソーシャルなどで漠然と流れてくる情報を毎日流し見するのが普通の日課となってしまった自分には、やった事もないのにキャラクターの事だけよく知ってるゲームや観たことないのにストーリー全部知ってる映画が無駄に増えていくにつれ

全く知らないまっさらな状態で現場に放り込まれる方が純粋に驚けるし楽しかったかもな と気付かされたのもあります。

若い頃はあーあれね知ってる知ってるみたい思える事が優位に思えたりそこに安心していたいとこがあった気がするけど、

今はそれが逆に損してるよーな。情報を漁ると知りたくなかった事もたくさん知れてしまうし 耳年寄りとは言うが年寄りなのはもう耳だけじゃなくなったのかも知れません。

あと、自分に必要な情報は情報の方から目に触れてくる っていう感覚が今の自分には漠然とある。

必死に追いかけまくって情報をうんざりするほど浴びた結果そこに行き着いた感はあるけど、

やはり持てるものの容量は経験によって決まってる気がするし、自分の容量を何にどれくらい割くかを自分でコントロールしてないと簡単にパンクするしな。

そうです。ゲームにハマると他は何にもしなくなるのがワタシという生き物です。100メガショック。


太陽の塔」観ました。

f:id:omigibson:20190912173237j:plain

すごい勉強になりました。上に書いた、正にそんな話もあって。生まれて初めて出会うもの、その影響、作る事への初期衝動。

情報が溢れすぎて、自分でものを考えなくても生きていける時代の今に警笛を鳴らされている気持ちになりました。

8月の芸能山城組のケチャ祭りに行った時に岩手の鹿踊りを見てたんですよ。

自分にはこれについてパンフレットに書かれている知識以外は何も無かったんですが、ものすんごく惹かれるものがあって。

隣で暑いから早くご飯食べに行きたい顔の夫を差し置いて食い入るように最後まで見てしまいました。

でその鹿踊りがこの映画にも太郎先生が魅入られた物の一つとして出てくるんですが、なんだか あぁ、自分のアンテナは間違ってなかったんだな 遠いどこかで原始に繋がっているのかもな ってなんとなく思って胸がとても熱くなりました。

原発については 人間の持てるものは限られている自分でコントロール出来ない物を持つべきではない という意見については賛同できる。

太郎先生は人間が自分のことはなんでも自分たちだけで賄えてそれを分かち合えた、 つましく有りのままにあくまでも人間が地球の上の生物の一部として生きていた世界に想いを馳せていたのかも知れないけど

未来に自分たちのエゴで作り出した人工の太陽で自滅して、また人が原始の状態に戻ったとしても持つべきではない力を一度でも持ってしまった人類には美しかった野生の生物としての透き通った生命の煌めきを取り戻す事は難しいのかも知れないね 出来るかな?出来るだろう!

さあ、今やれ! と言われてる気にもなった。

情報と教養は全く違うという事にも気をつけたいね。

お利口になろうとし過ぎて本来の生物としての自分の情熱やポテンシャルを失う事にも気をつけたい。

生きていくには課題がいっぱいです。


紐 と言うとデスストの縄を思わせ気がします。

もしかするとアーティストって究極的に突き詰めると行き着く場所は同じなのでは と最近感じる事が多い。。。


はやく行かなきゃ。。。

空気を読む訓練された男たちの皆さまこんばんは。OMIです。

自分はゴリッゴリのクソオタクなんですが、

今の我が夫は全く正反対の普通人(ふつんちゅ)です。

長年培ってきたマニア的無駄知識も、これの前では暖簾に腕押し全く通用せず。

たまに趣味の合う人と話すと、周りの人には理解不能な劇中セリフのみで会話が繋がってったり、如何なる会話の流れでも何かのタイトルに纏わる小ネタに繋ぎたがるオタクによる無駄知識が起こす脱線という枝分かれが紡ぐ悠久の時間が訪れるのですが、それはそれでごっつ楽しい。

逆に言うとワタシは夫に知り合う前までは、そんなゴリッゴリでどぅるんどぅるんのマッシブオタク(精鋭)しか周りにいない環境でずっと生きてたんですが、人生てほんとどう転がるか最後まで分からんもんですね。

で わあ普通の人良いなと思ったのは お互いの知識を比べ合ってマウント取り合う事が無い事すね。

あと普通の何でも無い日常に簡単に幸せを見出せる事。

オタクはそうじゃないと言う訳じゃ無いんですがどうしても狭い範囲で深堀するのがデフォルトの生活してると感覚が常人とは別ベクトルに進化してる傾向ある気する。

普通の人に対するリア充乙みたいな厭世感持つのもなんとなくね。そこから来てるのかもなあて昔の自分を振り返って思うのよね。

普通に生きられなかった事への劣等感と、ザクとは違うのだよみたいな拗らせ故に自己肯定の為に育んでしまった無駄なプライドの高さとか。

どっちが偉いとかじゃなくて自分がこれ楽しいワァ!て思える人生をそれぞれに各自生きれてればそれでえぇのにね。

まあ、普通の人に寄り添うようになったから言うてワタシの身体に流れる血が入れ替わる事はないので、夫からは様子がおかしいとしょっちゅう指摘されるし世間から浮き続けてる自覚はあるんだけど(美容院とか行くと顕著に感じるよね)

まあ、何より夫もユニークだと片付けてあっさり受け入れてくれてるしそれが自分なんだなって思えるようになったのは本当に気が楽になったな。

昔の自分は一体何と戦ってたんだろうか。なんかいつも苦しかったんですけど。自分で自分が見えなくなっちゃってたんですけど。


全く知らなかった世界で生きてる人と接するようになると、不思議とより自分の輪郭が見えてくることもあるのだなあ、というお話。


NEW

f:id:omigibson:20190906153037j:plainhttps://www.instagram.com/p/B18SO1kjwGo/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 8:13am UTC

https://www.instagram.com/p/B18TlZhDaqM/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 8:25am UTC

https://www.instagram.com/p/B18VV8JjlhF/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 8:41am UTC

https://www.instagram.com/p/B18WpNWj7pJ/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 8:52am UTC

https://www.instagram.com/p/B18YTxnDzg1/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 9:06am UTC

https://www.instagram.com/p/B18jgaEjC6u/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 10:44am UTC

https://www.instagram.com/p/B188xO4D6BW/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 2:25pm UTC

f:id:omigibson:20190906153407j:plainf:id:omigibson:20190906153434j:plainf:id:omigibson:20190906153459j:plainf:id:omigibson:20190906153536j:plainf:id:omigibson:20190906153605j:plainf:id:omigibson:20190906153712j:plainf:id:omigibson:20190906153749j:plainf:id:omigibson:20190906153808j:plain

乳綏御前

f:id:omigibson:20190903214604j:plainf:id:omigibson:20190903214713j:plainf:id:omigibson:20190903214740j:plainf:id:omigibson:20190903214802j:plainf:id:omigibson:20190903214829j:plainf:id:omigibson:20190903214901j:plainf:id:omigibson:20190903214923j:plainf:id:omigibson:20190903214935j:plainf:id:omigibson:20190903215030j:plain


https://www.instagram.com/p/B11Pfc9DRUx/

引くことを知らんのか。

https://www.instagram.com/p/B16p9cMjKL-/

乳綏御膳

https://www.instagram.com/p/B16qWQrDWQe/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 2, 2019 at 5:06pm UTC

https://www.instagram.com/p/B16rd6bjyjI/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 2, 2019 at 5:15pm UTC

https://www.instagram.com/p/B17gATVjjrx/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 12:54am UTC

https://www.instagram.com/p/B17hQFSj0-g/

Instagram post by OMI化郎 • Sep 3, 2019 at 1:05am UTC


前日に高梨さんの会社の元後輩のお友達ウッチーがヌードシリーズの撮影モデルしたんですね。

それ見ていて宗教みを感じたので試しに同じセットで撮影してみました。

ウッチーはすごいよ。撮影終わりに裸で社内をウロウロしてすごい。

ワタシもよくスタジオで素っ裸になってるんですが

あ、ワタシだけじゃないんだ これでいいんだ って気持ちにさせてくれました。

多分間違ってるけど。


撮影が早朝に及んでしまい、翌日謎に発熱してしまいました。

寄る年波。

年波言えば、昔は自分と同い年の女性に対しても おばさん という評価を普通にする人が周りに多かったので、歳をとる事は悪いことなんだとずっと思い込まされてた。

今はいつまでも元気で居たいとは思うけど、ずっと若く居なきゃみたいな事思わなくなれた。

自分らしく居られることがすごく幸せだと思う。

f:id:omigibson:20190903190433j:plain

面白かった。

以前kurageで木戸さんが熱いヴィヴィアン愛を語ってるのを聞いたのだけど、

ワタシ、ヴィヴィアンの歴史をあんまり知らなくて単純にまあ!木戸さんってオシャレね〜〜と思ってたら、創業当初はヴィヴィアンもラバーショップだった時期もあるんだね。

それ以外にもkurageの理念的なものとかクリエイターとして確かに近しいものがいくつもあってこの映画を見て親和性納得納得 となりました。


しかし日本でよく売ってるオーブをぺっで貼り付けただけのハンカチとかソックス、ヴィヴィアンさんが知ったらすっごい嫌がるんだろうなァ〜。

自分の知らないところで勝手に大きくなっちゃうのも仕組み的に仕方ないけど怖いよね。

なんでも全てを自分が司っていたいタイプの人には会社が大きくなってくのってとっても苦痛だろうなあ。

ワタシも今は手の届く範囲でなんでも自分一人でで完結したいタイプだけど、それは妥協が許せないというより他人の意識が介入すると性格的に意思がブレて(相手も意思ある人間だから尊重したくて結果自分を見失いがち)

結局個人個人のエッジが消えて 疲弊した割に誰も満足しない中途半端な感じの仕上がりになるのがこれまでの経験上何度かあったので、近年は意図的に避けてるのですよね。。。

基本性能は超めんどくさがりなんで、許されるならば、お願い途中までやって〜〜ってかもう全部作って〜〜って丸投げしたい気持ちはいつだって山々なのに。

でももう手を貸してくれた人にお金以外で恩返し出来る自信が無いのよね。人づきあいも悪いんで。。

そらぁ人間がたくさん居たらみんなが全員満足して幸せになれるなんてこたぁまず無いですよ。だったら不幸になる人減らしたいのよね。

ワタシの作品見て不幸になった!って人が居たとしても、そりゃー知らんがな だけど

実際に接して何か一緒にやろうってなった人にはなるべくそうはなって欲しくないからなあ。時間かけるならば尚更全員がそれにかかった時間分人生を削ってるわけですから。

うん、ていうか他人の心とか自分がどうしも出来ない事柄で翻弄されたり振り回されて疲れるのがもうとにかくめっちゃ嫌です 今後の人生は自分の事にだけに集中したい(本音)


で、モノを創造する人は、作品にメッセージを託してる事が多いと思うんだけど(ヴィヴィアンさんもそうでファッションモンスター的なイメージだったけど、実際には初動からして活動家だった。)

ワタシは自分で作るものには特に伝えたいことってないなあ、と改めて思った。

意味みたいなもの コレがここに着いてるのはこういう訳があって とか、なんとかのオマージュです みたいな小ネタは満載なんですが、自然を守ろう!とかそういうのは一切無いし世間に強く訴えたい事も特に無い。。。

ただ、自分が今まで生きてきた中で 見たもの、読んだもの、食べたもの、遊んだもの、聴いたもの、それで感じた事、トラウマ含めを全て咀嚼し吸収したあと排出したものがワタシの生み出すビジュアルのイメージで、いわばそれって ウンコと全く同じですよね。

そうだ、ウンコウンコ。

確かこれ須田剛一さんも言ってましたね。うんこ理論。いたく それな。と思いました。


ウンコだってね、まだまだ畑を肥やせますからね。

来年の今頃にはナスなんかがたくさん収穫出来るようワタシもぷりぷり頑張るんだ。

https://www.instagram.com/p/B1vhAURD03t/

#駄コラシール

f:id:omigibson:20190902191825j:plain

観たー。

10代の頃漫画めちゃハマってたなあー。


オープニングで 原作のまんまだあ!とテンションブチアガりましたね。

非常に原作愛を感じる作品に仕上がってました。

イドがガリィに無駄に執着し出すキモオタになってないのが良心的だった。

嫁さんはジェニファー・コネリー(エロい)だし、こっちの世界では負け組になってなくて良かった。。。良かった。。。


個人的にはチョコ食べるシーンがめちゃ可愛くて萌えました。f:id:omigibson:20190902191914j:plain


次回作ではノヴァ教授プリン食べてくれるかなー。

原作ではモーターボール編が一番好きだったです。


あと、ウェストワールドもセカンド2観終わった。

時間軸がバーナードが記憶をバラバラにしたおかげでさらに複雑になってて途中で若干疲れたけど。。。

楽しみにしてた日本編があまりにもあっさり終わったね。

うおー!真田さん出てきたーッ!膳・膳!!って騒いでたら 古ッッて言われました。

f:id:omigibson:20190902194248j:plain

古ッ言うてたわりに、「膳・膳ってぜんぜん言わないね!」というダブルミーニング的なシャレをかましてきたので「言うわけないだろ」と冷静に返しました。

芸者ロボの逆襲とかここに来て急に攻殻機動隊感じたね。

個人的にはアキチタの話が一番感情移入できたよ。

純粋で静かなものほど伝わる気がします。ワタシには。

後半色々詰め込み過ぎてもう何でもアリじゃねえかよと思うもまともな人間が殆ど出てこないから人間側としての感情は置いてけぼり感ある。これは基本ロボット主観の話である。

しかしドロレス、私利私欲のために人間界焼け野原にしよってそこまで人間の愚かさをコピーする必要あるかのう。

テディを自分の都合良く変えちゃうとこもね。そういうのが一番人として良くないんですよ!この世は他人はみんな勝手な他人なのよ。

個人的に人は分かり合えないという信念の元で生きてます。期待は甘え。


安彦さんのこの記事読んでこの人信用出来る と思いました。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.buzzfeed.com/amphtml/keiyoshikawa/yasuhiko-01

分からないからこそ分かろうと努力するところこそが感情を持った人間の美しさよね。結果的に分かり合えなくてもそれはそれと認め合えるのが一番素敵。ビューティフル。


あと「私は美しい」とか言われるとどうしてもこの人思い出しちゃう。

f:id:omigibson:20190902193446j:plain

流血がNGの機種版の鼻水のすごさ。